コナンネタバレ始め、日々の気になることを書いています。スプラトゥーンもマイクラも好き。ポケモンも少々。三児のアラフォー母です。
日焼け

日差しが強くなる季節には日傘をさす人も増えています。最近では男性用の日傘もあります。
日傘と雨傘って何か違いがあるのでしょうか。日傘は晴雨兼用のほうが便利?
まとめました。

スポンサーリンク
  

日傘と雨傘の違いは紫外線に対する効果

日傘はレースや布のもので、雨傘はポリエステルやビニール、というのが一般的だったのですが
最近では、ポリエステルの日傘も増えています。
日傘と雨傘の違いは、紫外線をカットするかどうかです。黒いポリエステルの傘だと
雨傘を日傘にすると紫外線の影響で色が落ちる可能性があるので注意が必要です。

日傘晴雨兼用と雨晴兼用

日傘の晴雨兼用と雨晴兼用では、名前の通り違いがあります。
晴雨兼用は主に晴れているときに使い、雨の日でも使えるという傘。
雨晴兼用は主に雨の時に使い、日傘にもなるよ、という傘です。

どちらの用途で多く使うのかを考慮して傘を選ぶとよいでしょう。

日傘晴雨兼用の効果

日傘で晴雨兼用のものにはUVカット加工が施されています。
日傘のUVカット加工は数年は持続しますが、それを超えるとUVカットの効果が弱くなり買い替え時となります。
子どものサッカー観戦で日傘を使っているのですが、日傘があるのとないのとでは、
日焼けを防ぐことができるほかに、暑さをやわらげてくれる効果もあります。

スポンサーリンク

太陽の力のすごさを感じます。
それだけ強い紫外線と赤外線を受ける日傘。ダメージも大きいのですね。

日傘晴雨兼用についてまとめ

最近では猛暑、酷暑という日も多く、体への負担も大きいです。
日傘をうまく利用して紫外線や赤外線から体を守り、少しでも快適に過ごせたらいいですね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。