コナンネタバレ始め、日々の気になることを書いています。スプラトゥーンもマイクラも好き。ポケモンも少々。三児のアラフォー母です。
no

新潟シティマラソン、2019年も開催されます。

今年は3連休の中日。多くの希望があがっていましたが、それに応える形になったのでしょうか。
参加する一人として、この変更はありがたいところです。
新潟市民先行枠もあったのですが、4月3日のエントリー日は忙しく、翌日にはすでにエントリー締め切られていたので、一般でのエントリーとなりました。

新潟ハーフマラソンにも参加して、今年はもう走らなくてもいいかな、なんて考えたのですが、やっぱり参加してみたくなってしまいました。
新潟シティマラソンの魅力って何だろう。

スポンサードリンク

新潟シティマラソン2019 Tシャツ

ポーチ、キャップと実用的な参加賞が配布される新潟市ティマラソン。2019年はTシャツです。
しかも、色を選ぶことができます。
昨年のキャップは届いてからのお楽しみという形でした。私はネイビー。

今年の参加賞のTシャツは、自分で色を選ぶことができ、サイズも自分に合ったものを選ぶことができます。
物販でTシャツ売っているのを毎年見ていたのですが、買ったことがなくて、今回の参加賞はうれしいです。

新潟カラーのオレンジと悩んだのですが、アルビサッカーもバスケも、観戦するときはそれぞれのTシャツ着るので、やっぱり好きな色のネイビーかなと決めました。

新潟シティマラソン2019もトンネルや坂が難所

新潟シティマラソン、コース変更になって賛否あるのが、みなとトンネル。
日陰でいいという意見もあるけど、

  • 蒸し暑い
  • 長い坂で足が疲労する
  • 往復はきつい
  • という意見があります。私も、このトンネルでは歩いてしまいます。ハーフマラソンは歩かず完走できるのですが、このトンネルはだめ。
    距離としては、ハーフよりも手前なのですが…。

    2018年の新潟シティマラソンは台風一過の暑い日でした。
    みなとトンネルの日陰はありがたかったです。でも、少し蒸し暑い。とはいえ、ずっと日光を浴び続けるよりもいいのかも。
    2019年もみなとトンネルでは苦しみそうです。

    坂道でのトレーニングも取り入れていかないと、厳しいのでしょうね。

    高橋尚子さんとのハイタッチ

    疲れたとき、つらいとき、現れてくれる高橋尚子さん。

    スポンサーリンク

    ものすごいパワーを持って選手ひとりひとりに接してくれます。
    「大丈夫だよ」
    「走れてるよ」
    「頑張ってるね!」
    歩いちゃって切なくて苦しい、私のような遅いランナーにもあたたかい声をかけて励ましてくれます。

    運がよければ、2度3度とハイタッチできることも。

    不思議と、応援を受けると足が動くものです。
    足が痛いのって、気の持ちよう、メンタル鍛えないと。
    颯爽と走れる人に私はなりたい。

    完走賞のタオルとおにぎり

    フルマラソン完走するとゴールでかけてもらうことができるタオル。
    あれをはじめてもらったときはうれしかった。ボランティアの方々の笑顔がまた元気をわけてくれます。

    2018年は、サトウのごはんはなくなっていて、おにぎりをもらいました。
    これがまた、おいしかった。
    頑張った後のご褒美は本当においしい。
    500ミリリットルの水ももらうけど、あっという間に飲んでしまうんですよね。

    まとめ

    思い出していたら、なんだか楽しみになってきました。

    海沿いは景色が変わらなくてつらいという意見もあるようですが、私は海を見ながら走るのは楽しいです。
    いつも、田んぼしか見ていないから。
    つらいのは、海を抜けてからですね。青山のゆるい坂が続くあたりです。足が止まってしまいます。
    あそこで駆け抜けることができたら、かっこいいんだろうな。

    今年も、ゴール目指して前へ進みます。

    スポンサーリンク

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    コメントする


    ※メールアドレスは公開されません。