コナンネタバレ始め、日々の気になることを書いています。スプラトゥーンもマイクラも好き。ポケモンも少々。三児のアラフォー母です。
日焼け

紫外線が強くなる季節には、外に出るときには日傘を使って肌を守りたいです。
紫外線カットの日傘を購入したけど、UVカット性能に寿命ってないのかな?

uvカット100パーセントと、99パーセントってほぼ同じ?
などの疑問を解消します。

スポンサーリンク
  

日傘のUVカット機能の寿命

日傘のUVカットには、加工してあるものと、素材でカットしているものがあります。それによって、UVカットの寿命も異なります。加工方法による違いを比べてみます。

UVカット加工

紫外線を吸収あるいは反射することによって紫外線を遮断する加工。
生地を生成したあとで、表面に紫外線吸収剤を加工します。
安いものはそれなりに寿命が短いということになりかねないので気を付けて選びたいです。

UVカット素材

紫外線吸収剤を繊維の中に練り込んで生地を生成します。
素材そのものでカットしているので擦れたり切れたりしなければ効果が持続します。
値段が高額になることも。

日傘を選ぶときに考慮したいUVカット素材

日傘を選ぶときに、使われている素材にも考慮しておきたいです。

レースの日傘は見た目でわかるように光を通しますが、刺繍されている日傘も、針の穴から光が漏れてしまいます。

シルバーコーティングやUVカット加工と書かれていると安心と思いがちですが、完全に紫外線を遮断しているわけではありません。
光をあてて、手をかざしてみると、うっすらと手の形が判別できます。判別できるということは、光を通しており、太陽から注ぐ紫外線も入ってきています。

裏がシルバーのものは光を遮断して涼しいですが、照り返しがあり、顔や目に反射して逆効果となることがあります。

日傘の中でUVカット100なものは?

日光アレルギーのかたは、99パーセントのUVカット効果があっても
あとの1パーセントの日光によってアレルギーを起こすかもしれません。
日光の力は大きいので、その1パーセントは大きいです。

スポンサーリンク

紫外線カットで日焼けを防ぎ
赤外線カットで涼しさを
可視光線カットでまぶしさを防いでくれます。

ここでは、紫外線カット(UVカット)効果100パーセントの商品を紹介します。

サンバリア100

一万円以上と高額
3層構造の生地を使ってUVカット
国内で生産
購入後の故障について、無償保証期間が6ヶ月間設けられている
保証期間内は送料無料
骨の修理代は最高額で税込2700円(骨全体の交換実費 2000円+返送料 700円)

サンバリア100

芦屋ロサブラン

日本製の高密度1級遮光生地を使用
中国の工場で生産
価格は一万円程度
修理はなし

芦屋ロサブラン

サンバリア100と芦屋ロサブランの違いは、購入後の修理があるかないか、というところ。国産と中国産との違いはありますが、芦屋ロサブランの公式ページによると技術に差はほとんどないとのことです。

機能がしっかりしていれば、気に入ったデザインがある、などの基準で選んでも問題はないでしょう。

日傘のuvカット性能まとめ

生地そのものがUVカットなのか、生地表面に加工されているのかで、
寿命に差が生まれます。
UVカット生地は高額ですが、安心して長く使い続けるための金額だと思います。

まぶしさを防ぎたいのか、日焼けをしたくないのか、あるいは、暑くないように日傘をさすのか、
目的によってうまく選びたいですね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。