コナンネタバレ始め、日々の気になることを書いています。スプラトゥーンもマイクラも好き。ポケモンも少々。三児のアラフォー母です。
ポケモントレッタ

ポケモンガオーレが2016年7月7日から稼働しています。サッカーの試合が週末ごとに入っているため、まだプレイできていないどころか、機械すらお目にかかれていません。
稼働状況、どうなんでしょう。

6年生の長男が調べたところ、トレッタよりもお金がかかりそうだとがっかりしていました。

スポンサーリンク
  

ガオーレディスクゲットまでには200円

100円入れてゲーム開始というのはトレッタもガオーレも同じ。ポケモンが大画面で活躍してくれるのはうれしい進化。その先がトレッタとガオーレでは違っているようです。

ゲームで遊ぶだけなら100円ガオーレディスクをゲットするにはさらに100円追加しなくてはいけません。はじめてのガオーレディスクをゲットするためには、200円必要です。
トレッタは100円で必ずパックがゲットできました。

さらに、レアポケモンをゲットするには何度もバトルしたほうが確率がアップするとのこと。3回まで勝負できます。射幸心をあおるような戦略に思えてしまう…

クイックに関しても、ボール投げて100円、ディスク排出に100円、これじゃあっという間にお金なくなってしまいますね。実際のディスクが機械の中に順番に入っているわけではないので、トレッタと違ってハイエナされることはなさそうですが、この状態って、中身が見えないスマホのガチャを回すのに似ているのかもしれません。

トレッタにはまっていた長男も、あまりやりたくないかも、と言っていました。お金がかかりそうで、子どもにはすすめたくないかな。

ガオーレのあそびかた動画

ポケモン公式YouTubeチャンネルにて、公式プロモーションムービーがアップされています。

6:45くらいで、

続けてどんどんバトルができる
ポケモンガオーレのバトル!

という場面があるのですが、続けてどんどん100円がなくなる、ということですよね。恐ろしい。子どもたち、はまらないでほしいです…

映画を観に行くと マギアナ のディスクががもらえるそうです。やはり、トレッタではなくガオーレディスクでした。黒い色の特別なディスクです。トレッタのときは黒色は特別だったので、色が黒いだけでありがたさが増すかも。

わざは、はがねタイプのラスターカノンです。

スポンサーリンク

ポケモンの映画は観に行く予定なので、マギアナのディスクをゲットしたら子どもたちがガオーレやってみたいと言うかもしれません。

ガオーレとポケモンサンムーンが連動

ガオーレのプロモーションを見て気になったことが一つ。ディスクのQRコードがポケモンの新作サン・ムーンで使えるということ。QRコードを読み込んで図鑑に登録したり、マギアナを仲間にしたりできるそうです。

ガオーレ気になったことまとめ

ディスクゲットに最低200円ガオーレパスが540円。3回までバトルできて、続けるほどにレアなディスクをゲットしやすくなるとしたら、1回じゃ終わらないはず。満足できるプレイをするためには、子どもの1カ月のお小遣いでは足りなそうです。

となると、親のお金に頼ることになり、末期のトレッタと同じ状況になってしまいそう。トレッタ、逃げて逃げて、1万円近くかけたことも何度もありました。それに疲れてトレッタから距離を置くようになりました。
トレッタも、やりはじめは、戦ったポケモンが実際に出てくるということに喜びがあったのに、仕組みがわかり、配列を調べてお金をつぎ込むも、終盤は逃げまくりでひどい課金でした。

ガオーレも、そうならないでほしいです。子どもたちが純粋に楽しめるようなゲームになっていたらいいなと願います。
うちも、そのうちにプレイする機会があるのかな。

→ ポケモンGO初プレイしてみた

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。