コナンネタバレ始め、日々の気になることを書いています。スプラトゥーンもマイクラも好き。ポケモンも少々。三児のアラフォー母です。
日焼け

日差しが強くなると、日焼けによる子どもの肌への影響が気になります。
子どもはニキビ肌だし、肌にやさしいものを使いたいです。
ノンケミカルの日焼け止めが子どもにいいというけれど、実際はどうなのでしょうか。

スポンサードリンク
  

日焼け止めはノンケミカルで石鹸で落とせるもの

日焼け止めには紫外線吸収剤入りと紫外線散乱剤入りのものがあります。
ノンケミカルは紫外線吸収剤が入っていない日焼け止めです。それぞれにメリットデメリットがあります。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は紫外線を跳ね返すもので、天然の成分のものがほとんどです。
紫外線を反射・散乱させることで紫外線の侵入をブロックします。
紫外線吸収剤に比べ、肌にやさしく安心の日焼け止めです。

刺激が少ないですが汗に弱い、紫外線吸収剤入りに比べるとのびが悪いのが特徴です。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤とは、その名のとおり紫外線を吸収することで肌への紫外線を減らす素材です。
紫外線を吸収して熱や赤外線などのエネルギーに変えて放出することで紫外線をブロックします。
肌の上で化学変化を起こすので、肌への刺激や負担が心配です。
塗り心地はさらさらしていて、汗に強いです。

ノンケミカルで石鹸で落とせるものとなると、紫外線吸収剤が入っていないものとなります。
汗には弱いですが、その分落としやすいです。

日焼け止めを選ぶポイント

オイルフリー
日焼け止めに含まれている油分が酸化して、ニキビの原因になったり炎症を起こしたりする場合があるので、
オイルフリー(オイルなし)の日焼け止めを選とよいでしょう。

無香料、無着色
肌への負担をできるだけ軽くすることを優先し、配合成分の少ないものを選びましょう。
UV効果には影響のない香料や着色料は不要な成分です。

ノンケミカルかつ石鹸で落とせる日焼け止めを一つ紹介します。

NOV

全品紫外線吸収剤不使用でお肌にやさしい商品です。値段は少々高め。
石鹸やお湯でも落とすことができます。

ノンケミカルで子どもも使える日焼け止め

子どもの肌は敏感です。大人と子どもが一緒に使えるノンケミカル日焼け止めです。

ママバター

蛯原英里さんも愛用しているブランドです。
ナチュラルシアバターを5%配合し、ノンシリコンなのにしっとりさらさらの使い心地です。
ノンシリコンのものはさらさらしていないのが特徴と書きましたが、最近では改善された商品もあるようです。

天然成分配合で、小さなお子様からご家族みんなでお使いいただけるUVケア商品がそろっています。

スポンサーリンク

ノンケミカルの日焼け止めでニキビが気になる

ニキビ肌に日焼け止めを塗ると、ニキビが悪化しそうで不安です。
赤ちゃんでも使うことができるくらい肌にやさしい商品を使いたいですね。

岡田クレンジングUV乳液

ノンケミカルだけど白浮きしません。
紫外線吸収剤・シリコーン・合成ポリマー・合成界面活性剤・香料・着色料・鉱物油・防腐剤・合成安定剤
無添加です。

配合成分

水、グリセリン、酸化チタン、酸化亜鉛、乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス、
乳酸桿菌/オリーブ葉発酵エキス、シリカ、カラギーナン、オリーブ葉エキス、
グリチルリチン酸2K、トレハロース、アロエベラ葉エキス(アロエベラエキス-1)、
カミツレ花エキス(カミツレエキス)

配合している成分は、植物由来のエキス、または食品にも使われているレベルの肌にやさしい成分だけを使用しており、ノンケミカルで赤ちゃんや敏感肌の方にもお使いいただける日焼け止めです(※食用ではありません)。

日焼け止めノンケミカルで簡単に落とせるものまとめ

肌にやさしいものは日焼け止めの効果も薄いというのは昔の話で、今では改善されたものも
たくさんあります。
自分の体と用途に合わせて、適切に日焼け止めを選びたいですね。
外で元気に遊ぶ子供の肌を、ノンケミカル日焼け止めで守りましょう。

日焼け止めをしっかり落とすことで肌への負担も軽減されます。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。