コナンネタバレ始め、日々の気になることを書いています。スプラトゥーンもマイクラも好き。ポケモンも少々。三児のアラフォー母です。
no

今年の母の日は2016年5月8日。
毎年5月の第二日曜日です。

毎年やってくる母の日、花・エプロン・財布など定番品はもうあげたことがあるし、ネタ切れ!ということもあるかもしれません。
でも、どんなものでももらったらうれしいものです。

私が母の立場として、もらったらうれしいと思うものをあげてみました。

スポンサーリンク
  

母の日ネタ切れならネタを再利用してしまう

ネタ切れするほどプレゼントしているなんて素敵なことです。あれもこれもあげたことがある、ということをふまえて、考えてみました。
エプロンや財布は、一度もらったらそれほど頻繁にもらっても仕方のないものです。

ですので、何度もらってもうれしいもので、過去のネタを再利用してみてはいかがでしょうか。

食べ物、マッサージなどのサービスチケット、花などです。

母の日に食事券をプレゼント

食べ物を決めてしまってプレゼントするのもよいのですが、食事券をプレゼントするのも一つの方法です。
普段は行かないような場所での食事をしてもらって、リフレッシュしてもらいます。食事券がないお店なら、予約して食事代は負担するなど。

お母さんが普段は行かないけど、せっかくだから行こうかな、と思ってもらえるようなお店なら満足してもらえるかもしれません。

一人で食事は楽しくないので、ついでに一緒に行ってしまえば、自分自身もリフレッシュできて楽しいかもしれません。食事しながら普段の感謝の気持ちを伝えることもできます。

母の日はやっぱり花 贈るならどの種類の花?

母の日というとやっぱり花というイメージだし、もらう側もそれほど負担にはならず、やっぱり最適なプレゼントです。

母の日に贈る花の種類、花言葉

カーネーション 赤 母への愛
ピンクは 感謝 暖かい心
紫は誇り 気品(クールなイメージ)
オレンジは純粋な愛 恋人向け
青 永遠の幸福

白いカーネーションは私の愛情は生きている(少しネガティブな意味)、黄色は軽蔑という花言葉なので適さないかもしれません。

スポンサーリンク

白いバラ 尊敬
オレンジのバラ 絆、信頼

胡蝶蘭 幸福が飛んでくる 純粋な愛

お子さんがいらっしゃれば、一緒に紙で折って作ってみましょう。

まとめ

私はアジサイをプレゼントしたことがありますが、調べてみたら移り気 冷淡、無情ということで母の日には適さなかったのかもしれません。でも、きれいだったし喜んでくれたのでよしとしておきます。

母の日は花、と決めてしまえば、今後ネタ切れで困ることもなくなります。感謝の気持ちが伝われば、うれしいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。