コナンネタバレ始め、日々の気になることを書いています。スプラトゥーンもマイクラも好き。ポケモンも少々。三児のアラフォー母です。
日焼け

外でのスポーツが気持ちいい季節となってきました。
私の子供はサッカーをやっています。日差しが強くてすぐに日焼けしてしまいます。
子どもの肌はニキビができたり治ったりしているニキビ肌。日焼け止めを塗ってもいいものかどうか悩んでいました。

ニキビを日焼け止めでふさいでしまうと、ニキビを悪化させてしまうというイメージを持っていました。
しかし、無防備な状態で紫外線を浴びることによって肌への悪影響となってしまいます。
日焼けから肌を守ろうと毛穴がふさがってしまい、ニキビを悪化させる原因となります。

日焼けすることによって乾燥してしまうのもよくありません。

そこで日焼け止めを使用するのですが、肌にやさしいものを選びたいです。

スポンサーリンク
  

ノンケミカルの日焼け止めをニキビ肌に

日焼け止めには、紫外線吸収剤が入っているものと入っていないものがあります。

紫外線吸収剤

化学的な仕組みでエネルギーを吸収し、
熱などのエネルギーに変換して紫外線が皮膚の細胞に浸透するのを防ぎます。

紫外線散乱剤

物理的な仕組みで紫外線を散乱、反射させます。
散乱剤(パウダー)が肌を均一に覆って紫外線を肌表面で反射、散乱させて紫外線の影響を防ぎます。

参考:花王製品Q&A

紫外線吸収剤は科学的な仕組みを利用していて日焼け止めの効果が高い分、肌への負担も大きくなります。

紫外線散乱剤は、ノンケミカルと表示されています。
肌への負担が少ないとされています。
紫外線吸収剤入りはさらっとしているものが多いですが、紫外線散乱剤入り、いわゆるノンケミカルのものは
塗り心地がべたっとしているものが多いです。

現在では、ノンケミカルの日焼け止めでもさらっとした塗り心地に改善されていたり、
紫外線吸収剤や散乱剤の両方を組み合わせた商品もあります。

また、紫外線吸収剤をコーティングして肌への刺激を弱めた商品もあります。

日焼け止めはオイルフリーを選ぶ

ニキビとなる原因に、皮脂が毛穴に詰まるということと、アクネ菌の増殖によるものがあります。
アクネ菌は皮脂の油分で増えるので、油分が含まれないものを選んだほうがよいです。

ノンケミカルやオイルフリーなど、肌への負担が少ないものは
紫外線カットの効果が低い、と不安かもしれませんが、
数時間おきにこまめに塗りなおせば大丈夫です。

ノンケミカルの日焼け止めは石鹸で落とせる?

石鹸で落とせるかどうかは、商品によって違います。
低刺激で有名な商品の一つに、花王のキュレルシリーズがあります。
キュレルUVクリームは、キュレル泡洗顔料ではなくキュレルジェルメイク落としをおすすめしますとあります。

スポンサーリンク

石鹸では落とせない、ということになります。

石鹸で落とせる日焼け止めの一つに、岡田UVミルク(日焼け止め乳液)があります。
少々高額ではありますが、無添加の石鹸(岡田せっけんとあります)で落ちると記載されています。


☆岡田UVミルク(50g) ノンケミカル【赤ちゃんも使える敏感肌用】 無添加日焼け止め乳液

クレンジングではなく、石鹸で落ちるということです。
自然の成分がたくさん使われていて、ニキビ肌にも刺激が少なく安心して利用できます。

ニキビ肌の日焼け止めまとめ

ニキビをふさいではいけないから、日焼け止めを塗らない、という考えは違っていました。
肌を守るため、日焼け止めを効果的に使うことでニキビの悪化を防ぐことになります。

日焼け後のヒリヒリはお風呂に入ったときにつらいです。
お肌に合った日焼け止めを選んで、炎天下での日焼け止め対策をしていきたいです。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。