コナンネタバレ始め、日々の気になることを書いています。スプラトゥーンもマイクラも好き。ポケモンも少々。三児のアラフォー母です。
黒の組織

劇場版名探偵コナン、ゼロの執行人
一言で言えば、かっこよかった!!

映画公開初日の4月13日の金曜日、娘と一緒に夕方行ってきました。

安室さん、ケーキ作りを楽しんでいた翌日にあんなことになるなんてね。
ケーキが溶けたの話を見たあとで映画を見るとやっぱり楽しい。
話がしっかりつながっていました。

そして、最も印象的だったのが、黒田兵衛管理官の正体です。
黒田管理官の片目から、黒の組織ナンバー2のラムではないかと噂されていました。

果たして!?

スポンサードリンク

コナン・ラムの正体が黒田は確定?

コナンの今回の映画で、ラムの正体が黒田兵衛ではないかと噂されています。

以下、少々ネタバレ含みます。
ネタバレを踏まえたうえで映画を楽しみたい場合のみ読み進めてください。

さて、黒田兵衛管理官がラムの正体ではということについて。

私が映画を見たときにも、黒田兵衛はラムなのか!?という感想を持ちました。
終盤、安室さんに電話で指示する際、音声はなかったものの、黒田兵衛の口元だけがうつった場面。

「ぬかるなよ」
のあとです。

音声なしで、口の動きだけですが、
バーボン
と動いたように見えました。

素直に受け取れば、安室の上に立つ人物であり、指示を出す立場。
そしてバーボンと呼んでいるとしたら、正体はラムであるという可能性が浮上します。

でも、こんな簡単な形で正体を明かすのかなって深読みしてしまう気持ちもあります。
ミスリードであり、実は別の人物がラムなのではと。

コナンの先生、若狭留美も気になるのです。

コナンの先生、若狭留美がラムの正体?

今回の映画で、安室さんは悪ではないという印象でした。
ということは、指示を出す黒田も悪ではなく、潜入捜査をしているのかもしれない。

となると、一番疑わしいのが、若狭留美先生。

狂気じみた表情で犯人に迫るところや、義眼なのではという推測もコミックを読んでいると出てきます。
ただものではないことは明らかだけど、正体はわからない。

若狭留美の声優がうる星やつらのラムちゃんも演じていた、平野文さん。
古谷徹さんが降谷零・安室透というキャラクターを演じているし、千葉刑事は千葉和伸さん、高木刑事は高木渉さん(元太くんもだけど)ということを考えても、ラムつながりというのは大いに期待したいです。

でも、灰原が若狭先生好きだと明言しているのは気になるところ。
灰原は黒の組織の雰囲気に敏感だし。

スポンサーリンク

純黒の悪夢に出てきた、ラムからの電話では、女性ではないかという推測が多かったようです。
やっぱり、若狭留美先生はラムの正体という説は捨てきれませんね。

コナンの映画ポスターにも登場している黒田兵衛

ゼロの執行人のポスター、緑色で描かれた印象的なものでした。
上を見上げる安室さん、その横には、黒田兵衛の姿。

今回のコナンの映画で重要人物として登場したことはこのポスターからわかります。

下のほうに描かれている少年探偵団も大活躍で重要人物でしたしね。

まとめ

コナン黒の組織ナンバー2であるというラムの正体。
未だに正体は明かされていません。

純黒の悪夢では電話で音声を変えての登場でした。

ということは、はっきりと正体が定まっているということです。
今回の映画、ゼロの執行人では、黒田兵衛がラムの正体ではという疑惑が深まりました。
正式に明らかになるのは、いつなんだろう。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。