コナンネタバレ始め、日々の気になることを書いています。スプラトゥーンもマイクラも好き。ポケモンも少々。三児のアラフォー母です。
no

風速10メートルを体感する春の嵐到来です。

2018年3月2日、朝はそれほどでもありませんでしたが、昼頃からものすごい風でした。
おそらく、風速10メートルはあるだろうという体感です。
もしかしたら、15メートルに迫る勢いかも。

家の中にいても恐怖を感じるレベルでした。
二回が揺れるくらいの風。

スポンサーリンク

風速10メートル 体感

風速10メートルとは体感でいうとどんなふう?

  • 力を入れて歩かないと進めない
  • 髪はオールバック
  • 傘をさすことができない
  • ゆるくなったトタン板が飛ばされる
  • ヒューヒューと隙間風の音がうるさい
  • あとは、二階が揺れるというレベルです。
    トラックが通過しても揺れるのですが、風は通過せず長い時間吹き続けているので、不安が増大します。
    でも、建物の倒壊には風速40メートル程度だということなので、安心していいのですが、実際に体験するとかなり不安でした。

    以前同じような強風だったときに、バスケットボールのゴールが倒れたので、今回はあらかじめ倒しておきました。

    風速10メートル 電車は運休?

    風速10メートルもの風が吹いた時、電車は運休なのでしょうか。
    規則からいくと、

  • 風速20メートルで速度規制
  • 風速30メートルで運転中止
  • となっています。
    2005年に起きた羽越線の脱線事故は10年以上たっても記憶に新しいです。
    2018年1月に起きた信越線の立ち往生は全国放送されました。

    2018年は何度も大雪が降りました。
    電車は除雪がしっかりできてから運転していました。
    そのため、何度も運休していました。

    安全を確認するためには、便利さは後回しにしないといけません。

    スポンサーリンク

    新潟県の電車運行状況

    電車だけではなく、車も危険が伴っています

    まとめ

    風速10メートル、体感としては歩きにくい、傘がさせない、というレベルです。

    スポンサーリンク

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    コメントする


    ※メールアドレスは公開されません。