コナンネタバレ始め、日々の気になることを書いています。スプラトゥーンもマイクラも好き。ポケモンも少々。三児のアラフォー母です。
秋

乾燥肌というと冬のイメージですが、秋にも乾燥肌で悩むかたが多いです。乾燥するとかさかさして、かゆくなったりしてしまいます。

原因を考えてスキンケアを見直してみましょう。

スポンサーリンク
  

秋の乾燥肌対策のための予備知識

秋にどうして乾燥肌になってしまうのでしょうか。秋は過ごしやすい季節。寒くもなく、汗をかきますが、汗が蒸発して乾燥するときに水分を奪ってしまいます。
夏には大量の汗をかきますが、秋は夏ほどではありません。乾燥しやすい環境となってしまいます。

台風の季節となると、せっかく涼しくても窓を開けることができず、エアコンをつける機会も多いでしょう。夏同様、秋もエアコンによる空気の乾燥があります。

また、秋に限ったことではないですが、日焼け止めの成分によって肌が弱ってしまうこともあります。
日々のクレンジングも、しっかり落とすためにごしごしこすってしまうと、乾燥肌の玄以となります。

秋の乾燥肌対策スキンケア

乾燥肌になってしまったら、どうしたらよいのでしょうか。水を吹きかけると、一時的に潤ったように思われますが、その水分が蒸発するときにさらに乾燥してしまいます。水分を上からかけるだけでは対策にはなりません。

与えた水分を蒸発させてしまわないよう、クリームやワセリンで覆います。ワセリンはクリームよりもべたっとした感じがしますが、保湿効果がしっかりとあります。

汚れはしっかり落としたいですが、洗浄力が強い洗顔料などを使用すると、必要なものまで洗い流してしまうため、乾燥肌を加速させてしまいます。でも汚れは落としたいですね。洗顔後、しっかり保湿対策すれば乾燥肌を予防することができます。
拭きとるときも、ごしごしタオルでこするのは現金。ポンポンと押し当てて拭くようにしましょう。

どうしても乾燥肌が改善されない、かゆくてせつない、という場合は、皮膚科を受診します。ステロイド系の薬は怖い、と思われるかもしれませんが、薬を使ってしっかり治すことのほうが大切です。適切に使えば問題はありません。

スポンサーリンク

秋の乾燥肌まとめ

現在アラフォーの私ですが、昔は乾燥肌でとても悩みました。顔が粉をふいたような状態で、かさかさがとてもかゆかったです。かさかさが気になり、かいてしまい、より悪化してしまうという悪循環。これが高校のころです。
皮膚科に通い、洗顔後のごしごし拭きも気を付けたりして、徐々に改善していきました。

今でも時々顔が粉吹き状態になることがあります。そんなときには、ワセリンを使っています。最初はべたっとする感じがしましたが、保湿力がいちばん信頼できるので使っています。

マラソンを趣味にしていますが、足のマメ対策にも利用できたり、ワセリンがあると重宝します。

乾燥肌と上手につきあい、スキンケアによって少しでも改善されるといいですね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。